脳の血管

物を食べるという行動は、次に食べたい物を気軽に口へ入れて数十回咀嚼して飲み込んで終わりだが、その後も体は実によく機能して食物を身体に取り込むように努めているのだ。
クモ膜下出血は90%近くが「脳動脈瘤」と言われる脳の血管にできたコブが破裂してしまうことで発症する恐ろしい病気だと認識されています。
パソコンモニターの強い光を低減する専用眼鏡がことさら人気を博している理由は、疲れ目の改善に大勢の方が努めているからだと思っています。
消化器科の領域である急性腸炎は、通常は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しに見舞われる位で済みますが、細菌感染が原因の場合は強烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に高熱も出るのが特徴なのです。
老化が原因の耳の聞こえにくさはじわじわと聴力が落ちていきますが、一般的に60歳を超えてからでないと耳の衰退をはっきりと自覚できないものです。
薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する作用のことを解毒(げどく)と呼び、肝臓の担う非常に大事な任務の一つだということは間違いありません。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が動かなくても消費してしまうエネルギー量のことであり、大方を身体中の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が消費しているということはあまり知られていません。
暗い場所だと光不足によって見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに不必要な力が使用されてしまい、結果的に明るい場所でものを見るよりも疲労が大きいのです。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに変わり、平成24年9月1日から原則無料で受けられる定期接種集団接種ではなく小児科などで接種するという個別接種の扱いになりましたのでご注意ください。
20〜30才代で更年期がやってくるとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病のことを指します(この国の場合は40歳未満の女性が閉経してしまうケースをPOFと称しています)。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経を調整したり痛みを鎮静化させ、様々な器官の覚醒などをコントロールしていて、大鬱病の患者は作用が鈍いことが判明している。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が異常をきたす素因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れ、V.B.コンプレックスの慢性的な欠乏などが考えられます。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や狭心症のみならずありとあらゆる生活習慣病の合併症を招くかもしれません。
鍼灸針を痛みの発生源に刺す、という直接的な幾多の刺激は、神経細胞を活性化し、神経インパルスと呼ばれる要は電気信号の化学伝達を誘発するのではないかと言われています。
車の事故や建築現場での転落など、かなり大きな力がかかった場合は、複数のポイントに骨折が生じてしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、酷い場合は臓器が負傷することもあるのです。

Categories: 未分類